むら茶園ブログ

茶畑の改植を行いました。

こんにちわ。
深蒸し茶から抹茶までお茶を栽培~販売まで行っているむら茶園のむらちゃんです。
3月の茶畑でのお仕事として、お茶の木を植え替える仕事があります。
お茶の寿命は100年とも言われますが、人間によって芽を摘採されてしまうので、
木も疲れ、最近では30年~50年くらいだとも言われています。
そこで、良いお茶を作るために植え替えて、また元気な茶畑を作り直します。
植えてから再度収穫できるまでには、5年以上かかります。
なかなか大変な作業ですが、後世につないでいくためにはとても大切な作業です。
今年植えたのは「やぶきた」という品種。
全国で一番植えられている品種です。
いつもは違う品種にするのですが、今回は元の茶畑の一部を改植するので、同じ品種にしました。
お茶にも連作障害ではないですが、同じ品種を続けて植えるとあまりよくないということを
いわれますが、今回はチャレンジです。
さて、5年後どうなることかな。こうご期待。
じゃーに。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。